べっ甲について

 鼈甲(べっ甲)は南方の海域やカリブ海、インド洋の海域に生息しているウミガメの一種であるタイマイの甲羅・縁甲(爪甲)・腹甲を巧みに加工・細工した製品です。
 タイマイは赤道近くの暖かい海に生息し、大きいものは甲羅の長さが1メートル・体重が100キロまで成長します。また背中の甲羅は必ず13枚で、黒くなっている部分とアメ色になっている部分が混在し、まだら模様(いわゆるべっ甲柄)を形成しますが、アメ色の部分が多いほど珍重され、並茨布(バラフ)、中茨布、上茨布、特上茨布と色味によって呼び名が分類されます。また、アメ色だけで形成されている製品は腹甲を使用しており、白甲と呼ばれさらに貴重なものとなります。

参考資料参考資料

(参考資料:「江戸鼈甲」東京鼈甲組合連合会)

 

 タイマイの甲羅は成長にともない薄い層が幾重にも重なり、甲の厚みを形成しています。
これら1枚1枚の層の中には、コア(水分を通す管)があり、分厚い甲であっても共通のコアは決してありません。さらにタイマイの甲には保温力もあり、温めると自由に曲がるという特性があります。この特性はコアによることが科学的に証明されており、こうしたことからタイマイの甲(べっ甲)は、現在までのところ人工では作りえない、複雑な構造であることが証明されています。

江戸鼈甲について

 江戸鼈甲は東京の伝統工芸品です。昭和56年10月1日に制定された「東京都伝統工芸品産業振興対策要項」に基づき知事が認定する「伝統工芸品」に江戸鼈甲は昭和57年2月に指定を受けました。
 今日東京は長崎・大阪とともに鼈甲(べっ甲)三大産地として半数を上まわる生産額を占めています。製品は帯留め、かんざしなどの和装品からネックレス、ブローチなどの洋装品、眼鏡枠や撥まで多種多様。天然の原材料を使い伝統的な手作りの技法により作られる製品は本物がもつ独特な味わいがあります。この伝統工芸品は次世代へと引き継がれていくことでしょう。

 

東京鼈甲組合連合会

東京都伝統工芸品マーク

べっ甲とワシントン条約

 ワシントン条約は国際取引を規制するものであり、国内流通を規制する法律でも、鼈甲(べっ甲)製品は規制の対象とされておりません。
 また、社団法人日本べっ甲協会並びに東京鼈甲組合連合会では、国や東京都の援助を得てワシントン条約の理念である「持続可能な利用」をめざし、べっ甲の材料となるタイマイの資源調査事業や産卵・孵化・飼育の調査事業を展開しております。
 永年にわたり培われてきた貴重な伝統技術の保存・伝承をはかるべく努力を続けてまいります。
弊社ではワシントン条約締結後、1992年以前に輸入したタイマイの甲羅「べっ甲」を使用しております。

べっ甲の製造工程

・材料選び

 製作する製品の出来上がりをイメージしながら材料の選別をします。
 材料といっても甲羅の部位によって様々な色味や柄、粘りや強度が異なります。
また、個体によっても色味や柄が異なるため材料選びには職人のセンスが出ます。

材料選び

 

・切り出し・荒削り
 制作する製品の形を描き、色味や柄、厚みを合わせながら弓鋸(糸ノコ)で切り出していきます。その後、素材のキズをカンギを使って取り除き、トクサやサンドペーパー等で整えていきます。

切り出し荒削り切り出し荒削り

 

・張り合わせ
 整えた各部材を水に浸し、つぎ板と熱した鉄板に挟み万力で圧力をかけ張り合わせます。
この時、接着剤は一切使用致しません。
 甲羅自体に膠(ニカワ)の成分が含まれており、熱と水と圧力だけで甲羅同士が融合するのです。
 この作業は各部材のクセや状態、温度、圧力の加減で製品になった時の良否が決まるため、最も職人の経験がものを言う重要な工程です。

張り合わせ張り合わせ張り合わせ張り合わせ張り合わせ

 

・成形
 張り合わせた材料をそれぞれの製品に応じて切断、曲げ、彫り、型抜き、削り等の工程を行います。

成形成形

 

・仕上げ・磨き
 耐水ペーパーを用いて段階的に表面を整え、研磨剤を含ませたバフで磨きます。最後は鹿革で拭き上げて完成です。